About

事業概要

高純度ペプチド関連化合物群の高効率製造、GMP準拠臨床用原薬の製造

  • 高純度ペプチド関連化合物群の高効率製造
  • GMP準拠臨床用原薬の製造
  • その他、医薬品、化粧品、農薬、検査診断試薬等の研究開発
  • 受託試験・製造、技術指導等の業務

当社は、血管新生因子の日本国特許、米国特許、欧州特許(近日中に承認される予定)の実施権を所有しております。再生医療分野での当該物質の受託製造も行います。

PIPAとは

PIPAとはピロールとイミダゾール誘導体を主構成ユニットとするペプチド(ポリアミド)化合物を総称します。
PIPA
PIPAは抗生物質から発見された低分子有機化合物で、 二本鎖DNAのマイナーグローブ(副溝)に配列特異的に結合し、標的にした遺伝子の転写を阻害する働きを持ちます。
疾患関連遺伝子の転写を制御することで、疾患タンパク質の発現や機能を抑制し、病気の発症や進行を止める新規治療薬として注目されています。

一般に合成、精製、品質管理の難しいペプチド誘導体を標的にするため、創業者の長年の境界分野にまたがる多様な知識経験を活用します。PIPAは、アカデミックな報告はありますが、工業製造法は世界的にも確立されておりませんでした。

ピプルス・ファーマ創業者の軒原は世界に先駆けて、PIPAの工業的製造システムを開発し、再現性・持続性のある生産法と品質管理法とに関する標準プロトコルを確立いたしました。

※PIPLSはピロール・イミダゾールからなるペプチド化合物のラージスケール合成システムの略称です。

PIPA can be used for therapies for gene-control with different mechanisms against conventional one and sequence specific DNA visualization. Recently, HPTH59 was commercialized as the optimal probe for telomere staining, which is not affected by nuclease, enters into cell nuclei without any delivery systems and allows high throughput quantitative measurement of telomere length with less disruptive process. Comparing to the other methods, such as telomerase, Southern blotting and/or PNA-fluorescence in situ hybridization method, the present probe can offer simple with lower background staining.
Advantages of PIPA focusing on novel drugs
① Alternative gene silencer other than siRNA or PNA.
② Stable in cells or bodies because of nuclease resistance.
③ Specifically binds to the target double strand DNA.
④ Enter into cell nucleus without any DDS.
⑤ Flexible Design against any gene.
⑥ No-toxicities have been found in animal experiments.
⑦ Target diseases: not possible by small molecules or antibodies
In 2016 August a novel bio-venture, PIPLS Pharma Inc. a spin-off company from HiPep has been founded for GMP-production of PIPAs (API). The facility will be completed in June 2017.