About Us

会社案内

download会社案内PDF

ハイペップ研究所の代表取締役の軒原清史博士は、これまでの創薬関連の基礎研究成果の実用化、すなわち、許認可を得て臨床に用いるために、ハイペップ研究所からスピンオフした株式会社ピプルス・ファーマを設立いたしました。

ピプルス・ファーマ社は、バイオチップを除く、これまでの研究成果を臨床に用いるためにGMP製造の役割を担います。

ペプチド誘導体、ぺプチドコンジュゲート、従来にない新規な作用機序に基づく遺伝子制御薬 PIPA等の工業的製造を中心とした治療用原薬の製造を行います。

また、当社は、お客様の多様なニーズや状況の変化に順応するため、開発営業ならびに品質保証体制を充実させ、設備投資を積極的に行い生産能力を増強してまいります。

迅速かつ丁寧なサービスをモットーに、社員一人ひとりが最大限にベストを尽くし、より一層のコストパフォーマンスを追求し、高品質製品の供給体制を推進いたします。

私どもは「難病で苦しむ患者様のQOL向上」を理念に、技術の向上とサービスの拡充に努力いたします。今後とも皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

PIPAとは

PIPAとはピロールとイミダゾール誘導体を主構成ユニットとするペプチド(ポリアミド)化合物を総称します。
PIPA
PIPAは抗生物質から発見された低分子有機化合物で、 二本鎖DNAのマイナーグローブ(副溝)に配列特異的に結合し、標的にした遺伝子の転写を阻害する働きを持ちます。
疾患関連遺伝子の転写を制御することで、疾患タンパク質の発現や機能を抑制し、病気の発症や進行を止める新規治療薬として注目されています。

一般に合成、精製、品質管理の難しいペプチド誘導体を標的にするため、創業者の長年の境界分野にまたがる多様な知識経験を活用します。PIPAは、アカデミックな報告はありますが、工業製造法は世界的にも確立されておりませんでした。

ピプルス・ファーマ創業者の軒原は世界に先駆けて、PIPAの工業的製造システムを開発し、再現性・持続性のある生産法と品質管理法とに関する標準プロトコルを確立いたしました。

※PIPLSはピロール・イミダゾールからなるペプチド化合物のラージスケール合成システムの略称です。

事業概要

高純度ペプチド関連化合物群の高効率製造、GMP準拠臨床用原薬の製造

  • 高純度ペプチド関連化合物群の高効率製造
  • GMP準拠臨床用原薬の製造
  • その他、医薬品、化粧品、農薬、検査診断試薬等の研究開発
  • 受託試験・製造、技術指導等の業務

当社は、血管新生因子の日本国特許、米国特許、欧州特許(近日中に承認される予定)の実施権を所有しております。再生医療分野での当該物質の受託製造も行います。